NURO光は2回工事が必要?工事費はいくら?

おトク情報

通信速度が最大2Gbpsと他の光回線よりも速いのが魅力の「NURO光」ですが、実は工事の回数や費用も他の光回線とは少し違うため、当コラムではNURO光の工事について解説していきます!

NURO光の工事とは?

NURO光は「宅内工事」と「屋外工事」の2回工事が必要となります。


「NURO光」の申し込み

「宅内工事」

「屋外工事」

\ 開通! /

 

どちらの工事もお客様の立会いが必要となり、「宅内工事」はSo-netの工事担当者が部屋の設備等を整えるために行う工事で、「屋外工事」はNTTの工事担当者が電柱から光ケーブルを引き込む工事となっています。

 

また戸建てとマンションなどの集合住宅は、少し工事内容が異なるためそれぞれ解説していきますね。

戸建てにお住まいの場合

【宅内工事】
①光キャビネットの取り付け
②光ケーブルの引き込み
③光コンセントの取り付け
④光コードの配線とONU設置

まず自宅に光ケーブルを引き込むため、外壁に「光キャビネット」を設置します。

 

そして、お部屋に光ケーブルを引き込みますが「エアコンのダクトを利用する方法」または「電話線などの配管を利用する方法」があり、どちらも無理な場合は「新規で穴あけする方法」となります。

 

引き込んだ光ケーブルに「光コンセント」を取り付け、「ONU(回線終端装置)」を設置します。これで、自宅内の設備を整える1回目の「宅内工事」は終了です!

 

【屋外工事】
①電柱から光ケーブルの引き込み
②光キャビネットにつなげ光ケーブル同士を接続

電柱から光ケーブルを引き込み、1回目の「宅内工事」で設置した「光キャビネット」につなげ光ケーブル同士を接続すればNURO光の開通!2回目の「屋外工事」は、これで終了です。

マンションやアパートなど集合住宅にお住まいの場合

【宅内工事】
①MDFから光ケーブル通線
②棟内の配管を利用し、各戸まで光ケーブルを引き込む
③光コンセントの取り付け
④光コードの配線とONU設置
【屋外工事】
①電柱から光ケーブル引き込み
②既設の引き込み口から入線
③MDF内にて光ケーブル同士を接続

マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、電柱から「MDF」と呼ばれる共用スペースに光ケーブルが引き込まれ、MDFからお部屋に光ケーブルが引き込まれます。あとは、戸建てと同じ内容の工事となります。

NURO光の工事費用は?

このように、NURO光は「宅内工事」と「屋外工事」の2回する必要があるため、工事費が44,000円と他社の光回線と比べると高めの料金設定となっています。

 

ですが、NURO光は月額料金から毎月工事費相当額が割引されるキャンペーンを実施しているため、44,000円の工事費が実質無料!

 

そのため、通信速度にこだわりたい方にはとても魅力的なインターネット回線ではないでしょうか。

まとめ

通常光回線の工事は光ケーブル(回線)を部屋に引き込むための工事のみですが、NURO光は独自の回線サービスを提供しているため、「宅内工事」と「屋外工事」の2回する必要があります。

 

ですが、その分通信速度も他社の光回線よりも速い最大2Gbpsの高速通信のため、自宅でインターネットをよく使う方には最適ではないでしょうか。

 

またNURO光の工事費は2回分のため、44,000円と他社の光回線よりも高めの料金設定となっていますが、キャンペーンの適用で実質無料になるのも魅力的ですよね!

 

さらに当社ブロードバンドナビより「NURO光」を申し込むと、最大57,000円のキャッシュバック!通信速度が速いインターネット回線をお得に始めたい方は、ぜひ下記のリンクをチェックしてみてくださいね。

 

NURO光 キャッシュバック | 最大57,000円
NURO 光の新規加入で最大57,000円のキャッシュバック!ネットのみでも45,000円がもらえる♪So-net公式特典に加え、当サイトキャッシュバックでだんぜんお得に加入いただけます。NURO 光をお得に始めるならぜひ当サイトまで!
 
当コラムは2021年3月の情報を元に作成したものです。
 
タイトルとURLをコピーしました